トピックス

「プロテオ検査採血セット」開始に当たって

更新日:2017/7/24 カテゴリー:上野,台東区,治療,藤本クリニック

 プロテオ検査は、たった一滴の血液から超早期のがんリスクを判定する検査で、新規物質【過酸化銀メソ結晶】を用いたバイオチップ【プロテオⓇ】は、がん患者の血液中にごく微量存在するがん関連物質を吸着し、簡便・迅速にがんの検査が行え、ごく初期、ステージ0から、がんの有無、がん種の識別、進行度を判定する事が可能です。
 プロテオ検査は、超早期の癌(膵がん、肺がん、乳がん、胃がん、肝がん、大腸がん、舌がん、甲状腺がん、腎臓がん、前立腺がん、子宮がん、卵巣がんなどの固形がん)のリスク判定(A判定:がん罹患リスクが低い、B判定:要観察判定、C判定:がん罹患リスクが高い)ができ、報告書は、リスク判定のみの記載となりますが、結果報告時には、数値もお知らせいたします。
 
 プロテオチップは、血中の癌関連物質であるヌクレオソームを直接検出することができ、基板上の過酸化銀メソ結晶に特異的に吸着し、吸着した結晶物の蛍光による可視化で、がん有無判定と定量測定ができます。

 プロテオ検査を開発した企業は、有限会社マイテック(神戸市)で、この検査を日本先端医療臨床応用学会が臨床研究として取り上げ、2017年3月末に藤本院長が、学会に入会し、会員となり、臨床研究に参加することになりました。

 プロテオ検査は、生化学用の採血管で0.2mL採血し、専用検体チューブに必要量(150μl)を入れ、かんたん遠心機にセットし、3分間遠心後の血漿分離後の専用検体チューブを冷蔵保存し、検体は、直接マイテック(神戸市)に保冷宅急便にて送付し、結果は、1週間後です。
プロテオ検査は、62,640円(税込)とし、診察と採血検査(血液・生化学検査)を含めて、プロテオ検査採血セットは、89,640円(税込)として、2017年4月14日よりスタートしています。
 なお、会社や地域での健診データ、または、医療機関による血液・生化学検査データを持参していただければ、プロテオ検査のみの実施となります。