医療法人社団 廣和会 藤本クリニック
お問い合わせください 
※祝・祭日は休診となります
03-5685-2151
東京都台東区上野桜木
1-10-22
廣和会のご案内

文字サイズ: | |

お問合せ

よくあるご質問を掲載いたします。医療や介護にかかわるご質問、ご相談をお受けしています。お気軽にお電話ください。

今まで別の病院にお薬をもらいに通院していましたが、遠いので藤本クリニックで受診したいと考えています。診察の際同じお薬を出してもらえますか?

はい、できます。その際、紹介状をお持ち頂きますと過去の病歴等詳しいことがわかりますので、お薬の処方につきましても安心です。なお、紹介状がない場合でも診察の際にご相談して頂ければ問題なく処方できます。

保険証を忘れてしまいましたが、診察できますか?

はい、もちろんできます。但し、診察当日は自費扱いになります。後日、保険証(医療証)と自費の領収書をお持ち頂ければ、差額をご精算させて頂きます。

健康診断を受けたいのですが、いつ来院しても大丈夫ですか?

予約制ではございませんので、健康保険証を持参の上、診察時間内に来院して頂ければ大丈夫です。(診察時間は各クリニックへお問い合わせください。)なお、台東区の健康診査を藤本クリニックで受診する場合は、保健所より郵送された用紙を持参して頂ければ無料での受診となります。
自治体の健康診査以外の健康診断は、内容により5,000円~20,000円程度の費用かかります。詳しくはお電話等で各クリニックへお問い合わせください。

子供の予防接種の用紙が送られてきたのですが、接種できますか?

はい、できます。ワクチンの在庫を確認致しますので、来院される前にお電話ください。大人の方の任意の予防接種(自費扱い)にも対応しています。
※風疹、日本脳炎、肺炎、DPT(ジフテリア、百日せき、破傷風)、DT(ジフテリア、破傷風)等、自費の場合の金額は3,000円~7,000円になります。

自宅で医療保険適用のマッサージはしていただけるのですか

はい、できます。高齢者や障碍者の方で、寝たきりの方、通院が困難と判断された方が対象となります。なお、医師による同意書が必要になる為、定期的な医師の訪問診療(月2回程度)を受診していただきます。
訪問するマッサージ師は協力治療院の国家資格を持ったスタッフとなり、当院の医師やリハビリスタッフと連携をとりながら、マッサージによる痛み治療や麻痺、拘縮予防、さらに筋力強化、関節可動域訓練、寝返り、車椅子への移乗の訓練等を行います。月に一度、報告書をお渡しさせて頂きますので、施術方針、経過、今後の予定等確認ができます。

訪問診療とは何ですか?

ご高齢や障碍、あるいは退院後まもなく通院が困難な方などが、ご自宅で継続的な療養をするために、医師が厚生労働省の定める基準で定期的にご自宅へ訪問し、診察や治療などの健康管理を行う事です。
当会理事長は、日本在宅医学会往診(訪問診療)プログラム指導医であり、各診療科の専門医がチームを組み、患者さんの体調に応じた訪問診療ができるよう取り組んでいます。

訪問診療を利用してみたいのですが、どうしたらいいのですか?

まず、お気軽に各クリニックへご相談ください。お電話でもご来院でもどうぞ。
ご相談は、訪問診療の医師と患者さん本人・ご家族との橋渡しの役目を行う専門スタッフ(在宅医療コーディネーター)が直接承り、患者さんの健康状態に応じた対応をさせていただきます。通常は、医師による訪問診療開始前に在宅医療コーディネーターがご自宅へ訪問し、生活(療養)環境などを確認させていただきながら訪問診療のシステムや費用についてなど詳細をご説明致します。内容をご理解いただいた上、訪問診療を行いますのでご安心ください。
なお、退院後の自宅療養をお考えの場合は、退院前に病院の担当医や看護師から、紹介状や看護サマリーを用意していただき、ご相談時にお持ちください

訪問診療を受けるのにかかる費用はいくらですか?

当会の訪問診療は交通費などの特別な費用は一切かかりません。特殊な治療など以外は全て医療保険が適用されます。費用の金額は厚生労働省で定められたものですが、年齢や保険の種類により負担割合も個々により違い、また、各種助成制度の適用も個々の疾患によりさまざまですので、ご利用の際は、事前に、専門スタッフ(在宅医療コーディネーター)が患者さまに応じた費用のご説明をさせていただきます。
~例えば~
年齢80歳の方で、老人保健医療受給者証をお持ちで1割負担の方、隔週(月2回)の頻度で訪問診療を利用され場合。
○訪問診療料・・・・830円(1回)×2= 1,660円
○在宅時医学総合管理料(処方箋交付の場合)・・4,600円
○居宅療養管理指導費(介護保険ご利用の方)580円 合計・・・6,440円 となります。
※在宅酸素療法や在宅人工呼吸、在宅中心静脈栄養法などを利用されている場合は、別途管理指導料がかかります。

介護保険を使いたいのですがどうしたらよいですか?

まず要介護認定の申請が必要になります。
申請できる方
(1) 65歳以上の方(第1号被保険者)
(2) 医療保険に加入していて、特定疾病に該当する40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)
※ 特定疾病についてはお問合せください。
・申請に必要なもの
(1)の方・・・介護保険被保険者証
(2)の方・・・医療保険証

要介護認定を受けたらどうすればいいですか?

在宅サービス利用の為に、ケアプラン(介護サービス計画)の作成が必要です。ケアプランの作成はケアマネジャーが行います。ケアマネジャーが、ご本人やご家族の意見を取り入れてご本人の身体状況にふさわしいケアプランを作成します。また、利用するサービス事業者との連絡調整を行います。藤本クリニックにも1名のケアマネジャーがおりますので、お気軽にご相談ください。
※ケアマネジャーとは…介護保険やその他の社会資源を活用し、より良い在宅生活を送って頂けるよう計画をたてる専門員です。

介護保険で利用できるサービスは何がありますか?

例えば
訪問介護:ホームヘルパーが食事、排泄、入浴等、日常生活の手助けを行います。
訪問入浴:移動入浴車などで、入浴の介助を行います。
訪問看護:看護師が家庭を訪問し、主治医と連携をとりながら病状の観察や処置を行います。 訪問リハビリテーション:理学療法士や作業療法士がご家庭を訪問し、主治医と連携を取りながらリハビリテーションを行います。
デイサービス:デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通い、食事、入浴の提供や日常動作訓練、レクリエーションなどを行います。
福祉用具の貸与:特殊寝台、車椅子等日常生活の自立を助ける用具がレンタルできます。 住宅改修費の支給:段差解消のスロープや手すりなど、介護に必要な小規模ま住宅の改修の費用が支給されます。
居宅療養管理指導:医師、薬剤師などが家庭を訪問し、医学的な管理や指導を行います。 当クリニックでは訪問診療をご利用の方へ必要に応じて介護保険のサービスである訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導を行っています。詳しい事や疑問等ございましたら、ケアマネジャーまでお問合せください。